探偵になるために必須資格があるのか知っておこう

探偵-会社概要 メールでのお問い合わせ

探偵になるためには資格や免許が必要なのか?


将来探偵という職業に就く為には、どんな資格や免許が必要なのだろうと思っていませんか?

世の中には、国家資格がなければ就けない職業も存在しますが、探偵の場合もそうなのでしょうか。
意外と知られていない、探偵になる為に必要不可欠な条件について見ていきましょう。


探偵に国家資格はナシ


探偵になる為に、必ず必要な資格や免許といったものは存在しません。
ですから、学歴もこれまでの経歴も関係なく「探偵になりたい!」という意思さえあれば、探偵になる事は可能なのです。


全国に探偵のスキルなどを学べる専門学校もありますが、必ず探偵学校へ入学しなければいけないという事もありません。
あなたが探偵になりたいと思っているのなら、探偵事務所に就職するか、探偵事務所を開業すればよいでしょう。

開業に必要な届け出

探偵事務所を開業する場合は、公安委員会に「探偵業届出証明書」という届け出を提出します。
もちろん資格も経験も不要、提出に必要な書類さえ揃えれば、直ぐにでも探偵になる事が可能です。

ただし、資格や免許は必要ないものの、以下にあたる様な場合は探偵事務所を開業することが出来ません。


  • ・「禁固以上の刑・法律の規定に違反し罰金刑を受けてから5年経過していない」
  • ・「暴力団員、辞めてから5年以内の元暴力団員」
  • ・「探偵事務所を開業していて、
      過去5年間の間に廃業処分や営業停止勧告を受けたことがある」
  • ・「復権を得ていない破産者」
  • ・「成年被後見人、または被保佐人」

上記のいずれかにあてはまる場合は、探偵を開業する事は出来ない決まりになっています。
しかし、逆に上記の条件にさえあてはまらなければ、誰でも探偵事務所を開業出来るという事になりますから、開業条件としては易しいと言えるでしょう。

探偵として就職する場合に、必要な免許とは?


探偵として就職する場合も、特定の免許や資格がなければ働けないという事はありません。

ただし、実際には「要普通免許」「二輪免許歓迎」と募集要項に記載している探偵事務所が多くなっています。


探偵の調査では、車の運転をする機会も多いため、普通免許がない人材は仕事が限られてしまう…という理由から採用されにくい傾向にあるのが現実です。
また、パソコンスキルがあると有利になるなど、実際に就職活動をする上では優遇される資格や免許もあるということを覚えておきましょう。


ここまで説明した通り、探偵になる為には、開業するにしろ就職するにしろ必要不可欠な国家資格や免許などはありません。


ただし、就職活動をする上で、普通免許はあった方が良いでしょう。

また、資格や免許がないぶん、探偵になるハードルは低いものですが、探偵を生業とする事は決して簡単なものではありません。
探偵のなりやすさと探偵として生きていけるかどうかは、全く別の次元の話なのです。
探偵になりたいと考えているのなら「探偵になった後」の事までしっかりと考えておく必要がありますね。


関連するページ

Copyright(c) 赤井探偵事務所-奈良  All Rights Reserved.