裁判で勝つための浮気の証拠。奈良の探偵。

探偵-会社概要 メールでのお問い合わせ
裁判で勝つために必要な浮気の証拠とは?

話し合いにより離婚が成立しなかったり、双方の条件が合意にいたらなかった場合、最終的に裁判により決着をつける事になります。
自分に有利に裁判を進めるためには、浮気の証拠を集める事が必須条件となります。
ただし、浮気の証拠には裁判で通用するものと通用しないものがあるのです。
一見すると十分な証拠となりそうなものであっても、法律上認められないケースがあるという事を覚えておかなくてはいけません。

裁判で通用する証拠・しない証拠
では、一体どんな証拠が通用してどの様なものが認められないのでしょうか?
ここをしっかり把握しておかなければ、無駄な時間や労力を使う事になってしまいます。

裁判で通用する浮気の証拠とは?
裁判で通用する証拠のうち、最も有効なのは明らかに不貞行為があったと分かるものです。
例えば、性交に及んでいる最中の写真や動画は、裁判に通用する動かぬ証拠となります。
もしくは、お互いが裸で一緒に寝ているような写真や動画であっても同じ様に有効な証拠です。
とは言っても上記の様な証拠を押さえる事は、通常では困難でしょう。
ですから、ラブホテルへ出入りしている事が分かる写真や動画であっても有効です。
画像や動画がなくても、ラブホテルの領収書なども裁判で通用するでしょう。
また、浮気を認めた事が証明出来る録音や手紙、誓約書や示談書なども裁判で通用する証拠となります。
ただし、署名がある事は必須です。
「相手に会わない」などという誓約や「100万円を慰謝料として支払う」という事が記されている示談書ではいけません。
重要なのは、不貞行為があった事を認めている内容が録音・記載されている事が大切です。
ここを押さえておく事によって、裁判で認められる証拠となるのです。
上記の様な証拠は、不貞行為があった事を示す直接的な証拠となり、裁判では大きな効力を発揮します。

裁判で通用しない浮気の証拠とは
まず、写真や動画であっても顔が判別しにくいものは、裁判で証拠と認められない事が多くなります。
誰が写っているのかという事が分からなければ、残念ながら意味がありません。
メールやSNSなどPCやスマホ上でのやりとりを浮気の証拠とするケースは多いでしょう。
しかし、残念ながらこれらは、相手に浮気を認めさせる際には有効となるかもしれませんが、裁判の場では有力な証拠として通用しないケースが多くなります。
例えば明らかに好意があり、身体の関係がある事が分かるような内容のやりとりであっても、ふざけていただけ等と言い逃れすればそれまでです。
また、写真や動画であってもただ一緒に写っているだけでは、どんなに親密そうであっても裁判では不貞行為の証拠として通用しません。
その他、自宅へ入っていく様子が分かる証拠も、それだけでは裁判で不貞行為を証明する確実な証拠とはならないのです。
裁判で通用する証拠としてラブホの領収書をあげましたが、シティホテルであったり、交際費の領収書やクレジットカードの明細は裁判での証拠としては弱くなります。
それだけでは、難しいと言わざるを得ません。
こうした間接的な証拠は、不貞行為があった事を確認出来る証拠ではありません。
ただし、不貞行為があったと予想する事が出来る証拠でもあります。
つまり、全く意味をなさない訳ではないという事です。

間接的証拠も集める事によって裁判で通用するケースも
間接的証拠は、ひとつやふたつだけでは裁判で通用しません。
しかし、これらの証拠を積み重ねる事によって相手の嘘を暴き、追い詰める事は十分に可能です。
ですから、意味がないといってせっかくの証拠を捨ててしまわない様にしましょう。

裁判で通用する証拠の集め方
裁判で通用する証拠を集めるには、やはり探偵などの専門家に頼む方が成功率は高くなります。
特に浮気では、夜間に会う事が多いため素人の撮影は難しくせっかく撮っても証拠にならないという事があるのです。
素人では尾行がバレる可能性も高いので、直接的な証拠集めには探偵をオススメします。
逆に間接的な証拠集めは、自分で行う事も出来ます。
ICレコーダーやGPSを使用してみるのがいいでしょう。
また、日頃からパートナーの行動を日記に書いておくのもオススメします。
間接的な証拠は、相手にバレないようにコツコツと集めるのが常套手段です。

■浮気調査に関するページ
奈良での浮気調査は、低料金の当社へ


Copyright(c) 赤井探偵事務所-奈良  All Rights Reserved.